その少女が向かう先には

koki-Ishi さんとのコラボ作品。暇すぎて死んでしまいそうな少女の曲です。
曲先でkoki-Ishiさんに作詞していただきました。
イラストは 斑谷 様の「テト」を使用しています。

歌詞

http://piapro.jp/t/ZwbCより
いろはにほへ 唱えて 秋風 舞う 小道を
徒然 通り抜けた 少女は今日も所在無し 哀し

紅葉の散る予感に さめざめ心 淡く
常々 憂う季節 少女は今日は何処へ?

硯に映る心は乱れ 紡いだ 言の葉 散りゆく

街路に揺れる 昨日に残るため息 空に溶けた
時に言葉は秋風の中 鋭く 心 質す

いろはにほへ 唱えて 秋風 舞う 小道を
徒然 通り抜けた 少女は行方知らず

静かな夜と鳴り止まぬ声 世界は ただただ 無秩序

最期に浮かぶ願い 啄む 小鳥は 空を飛んだ
いつか無常が訪れるなら 儚い 命だろう

染みついた観念 捨てて 紡いだ 言の葉 詠えば

街路に揺れる 昨日に残るため息 空に溶けた
時に言葉は秋風の中 鋭く 心まで 儚く 染め上げられて